助産師の仕事と就職事情

助産師 求人 > 助産師の求人を探す前に -仕事の特徴と内容-

助産師の求人を探す前に -仕事の特徴と内容-

助産師の仕事は結構アバウトな部分もあります。医療系の国家資格の場合は医師の領域とか看護師の領域とかが明確です。けれども助産師の実務は明確でないことも多いです。ここでは、助産師の仕事の特殊性と具体的な仕事内容についてお話をします。
助産師求人サイトで給与が上がる?

例えば<へその緒の切断>ですが、これは医師がしなければならないと思ってしまうでしょう。 しかし助産行為として認められている行為です。 このように具体的な行為が明確に規定されていることもあります。 けれども明確になっていなくてケースバイケースで助産師が判断することも多いです。

大前提になっている厳格な基準がひとつあります。 それは助産師が単独でできる助産行為は<正常分娩>である場合だけであることです。 妊娠中に異常が認められるケースでは助産院での出産は認められていなく病院などの医療機関で出産しなければならないという決まりがあります。

分娩の途中で異常があるケースも速やかに医療機関に連絡をすることになっています。 助産院は医療機関でありませんから異常分娩になった場合の処置はできませんし機能はないのです。 助産師が行っている仕事は新しい生命を誕生させる介助をする行為で医療行為をしているのではありません。

助産師の具体的な仕事と言いますと新生児を取り上げることが思い浮かびますが、それ以外にも妊婦への指導・ケア・サポートがあります。 妊娠中には健康な出産をするために子宮の大きさ・腹囲・血圧を定期的に検査します。 赤ちゃんの状態や大きさを確認して安全な出産ができるかどうかを把握しなければなりません。

妊婦のメンタルケアも出産までの健康管理と同時に大切な業務です。 とりわけ初産の場合は、育児ができるのかどうか・出産に対する不安・母親になる不安……たくさんの不安を抱えているでしょう。

過度な不安を妊婦がかけるとストレスになり胎児に悪影響を与えます。 場合によっては強いストレスによって子宮収縮が起こる事例もあります。 メンタルケアをしっかりとして赤ちゃんが体内で健康的にリラックスして過ごせるようにするのも助産師の役割です。


助産師の勤務事情について

助産師は人手が足りていないために非常に忙しいと思われがちですが、これはどのような働き方を選択するのかによって大きく違います。 そのため、必ずしも仕事がハードだというわけではありません。

まず、基本的な勤務形態として、2交代勤務シフト、3交代勤務シフト等が挙げられます。 このうち、ハードになりがちなのが3交代勤務シフトの場合です。 3交代勤務シフトになってしまうと、日勤と夜勤の他に、準夜勤といった時間の勤務も担当することになります。

各時間帯の勤務時間は8時間ほどになることが多いですが、生活のリズムが崩れてしまうこともあるので、自分で体調管理をしっかり行える人でなければ厳しいと言えるでしょう。 8時間勤務はその他の仕事でも珍しいことではありませんが、働く時間が不規則になるということはどうしても体力を削ることなので、できれば体力作りにも取り組みたいですね。

それに加え、助産師という仕事は精神的な面でもストレスを感じることが多いです。 人の命に関係する仕事であるため、気を遣わなければならないこともたくさんあります。 体力的な問題に加えて精神的な疲労も蓄積されていくので、これが難しいと感じるのであれば、その他の働き方を検討してみてはどうでしょうか。

助産師は離職率が高い職種としても知られていますが、その理由の一つにも、勤務の過酷さが挙げられます。 2交代勤務シフトの職場であれば、3交代勤務シフトに比べれば生活のリズムを整えやすいはずです。 いざ働き始めてから体力に限界を感じたとしてもなかなかすぐには転職することができないので、こういったことは事前によく考えておいたほうがいいでしょう。

就職先を考える際には、できるだけ自分の希望に合った職場を探すことが大切です。 給与や賞与を重視して考える人も多いようですが、長く続けることができなければいくら給与条件が良くても意味がありませんよね。 休日や勤務シフトの確認もしっかり行い、続けられそうな職場を選びましょう。

助産師の求人探しは医療専門の転職サイトが有利